晴れ 時々 くもり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2008/07/29(火) 12:18:51

朝から病院

昨夜、いつものように食卓横のワゴンの上、
定位置の座布団の上でご機嫌でなでられていたミャーベル。
ふと見ると、おしりの辺りに少し赤い水溜りが出来ていた。
何?血尿?
ビックリしたけれど、ふいたものを臭いをかいでもおしっこのにおいはしない。

嫌がるミャーベルのおしりを見たら、おしりの穴の横にぱっくり。
ひょっとして、コレは…うわさに聞く肛門腺の破裂では…
(後でよく見ようと、携帯カメラで必死で写真をとったりもしたのだけれど…
よくわからん画像だし(^^;)見て気持ちのいいものでもないだろうし。
ココには出しませんが…)

今朝、いつもより早起きして、時間までネットで一応検索。
やっぱり、肛門腺の破裂っぽいなぁと思いながら病院へ。
道中キャリーを肩からかけながら、自転車でえっちらほっちら
ミャーベルは不安そうに大きな声で何度も「まーおう」「まーおう」と。
不安だよねー。赤ん坊のときに健康診断に行った以外、医者と無縁だったし、
抱っこで玄関から外を見る以外、家の外と無縁だもんねー。

大きな声でなだめながら何とか病院に到着
やっぱり、肛門腺の破裂でした。
一応、残ってる分、先生が絞ってくださったら(エリザベスカラーをつけての診察でした(^^;;)
「ぎゃおう」と叫ぶ叫ぶ(ーー;)痛いよねー。
注射をチューっとされたときは無反応だったな…
痛がるかと思ったのに。

塗り薬(イソジン?)と、抗生物質の飲み薬(薄いオレンジの液体です)
2種類の薬をもらってきました。
ミャーベルに薬を飲ませるなんて出来るのかなぁと思ったら…
「コレは、おいしいから飲ませやすいから」といいながら、先生が飲ませてくださいましたが、
しゃぐしゃぐしゃぐと、あっさり。
美味しいらしいです。ほんとに。
よかった。投薬で苦労しなくてすむ。
後は、うまく塗ってやれれば問題なし。ですな。

今後の心配は…時々絞ってやらなくちゃいけないなーってことです。
先生に聞いたら、1ヶ月に1度ぐらい…らしい。
ちゃんと絞ってやれるのかなぁ。

あ、今回の収穫は、ミャーベルのちゃんとした体重が分かった事か。
4.9キロでした。
思ったより軽かった。
5~6キロと思ってたから、間違いはないんだけど、
その中でも6キロ近くあるかと思ってたから…
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。